「4LDK for LDK」25周年バージョン

4LDK(仙波基+宮本佳子)の「4LDK for LDK」が1988年にリリースされてから25年ということで、未発表曲や未発表バージョンなどと合わせて25周年バージョンが2013年に仙波基氏によってネットで公開されています。公開されたのはもう1年近く前になるのですが、私が知ったのが最近なもので、改めて。

4LDK for LDK (25th Anniversary)|LOVE SIXTIES(2013/6/10)

1.作品No2 (1986 demo of Opus II)
2.はるの唄 (1986 demo of Spring Song)
3.あなたの為の4LDK (1986 demo of 4LDK)
4.Rev Dance (1986 demo)
5.S-R(Silent-room) 4 Yourself
6.あなたの為の4LDK (1988 alt of 4LDK)
7.作品No2 (1988 alt of Opus II)
8.はるの唄 (1988 alt of Spring Song)
9.作品No3 (1988 alt of Music For Plants)
10.Picture (1988)

公開されているのは全10曲で、8cmCD収録の全4曲の別バージョン、3曲のデモバージョン、未発表曲3曲という構成です。未発表曲のうちの1曲「PICTURE」は、キングの紙ジャケ購入者特典CDに8cmCDの4曲と合わせて収録されたので、ここでしか聴けない曲は「Rev Dance」「S-R(Silent-room) 4 Yourself」の2曲ということになります。公開音源はMP3であること、特典CDは最新リマスタリングが施されているということ、などから音質的には特典CDが上かもしれませんが、網羅性という意味では25周年版が4LDKの決定版といえるかもしれません。

ページのソースを見ると曲のファイル名の頭に01~12の番号が振られていて、もともと全12曲のうち07と09を除いて10曲公開したようなので、未公開の曲がまだあるのではないかと思われます。

8cmCD収録の4曲はすべてYOUTUBEでも見ることができます。

◇4LDK
自ら率いたプログレバンド、ペール・アキュート・ムーン(PALE ACUTE MOON)のほか、平山照継のソロプロジェクト、テルズ・シンフォニア(TERU’S SYMPHONIA)、メタルバンド、デッドエンドのサポートなどで活躍したキーボード奏者・仙波基と、スターレスの実力派ボーカルとして知られるジュラこと宮本佳子の2人組ユニット。唯一の作品がキングから8cmCDとして1988年に出た「4LDK for LDK」。NUMERO上野がエグゼクティブプロデューサーで、宮武和広がゲスト参加するなど、メイドインジャパンのプログレ人脈が関わっているものの、作風はプログレそのものというよりは、より洗練された癒し系ともいえるサウンド。プログレ王道じゃなかったことと、唯一作が8cmCDだったこともあってかあまり注目されてこなかったが、もっと評価されてよい作品。

スポンサーリンク
AdSense
AdSense
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です